現場レポート

ゴミボックス設置工事の立ち会いで 嬉しかった 「とあるエピソード」

2019.2.28 田口 きみこ

Contents

ゴミボックス設置工事に立ち会い

敷地内に設置するゴミボックスは、動かないように底をアンカーで固定しています。
建物が完成して外構工事が終わったあと、最後に行うのがゴミボックス設置工事です。

ゴミボックスの設置は立ち会いになります。
現地で待っていると毎回色んな人がやってきますが、今回作業に来たのは営業の人でした。

「忙しくて駆り出されたんですよ」と言いながら、手際よくゴミボックスを組み立てて設置が完了しました。

「建物と一緒に写真を載せてもいいですか?」

いつもならそれで終了なのですが、その人は違いました。

「建物と一緒にゴミボックスの写真を載せてもいいですか? 僕、ブログをやっているんです。」

私はどうぞと答えました。

「こういうコンテナボックスは、地味で営業するのが難しいんです。
でもこういう素敵な建物と一緒に設置例でブログに載せると紹介しやすいんです。」

なるほど、と会話をしながら頭の中は『素敵な建物!』と言ってくれたことが嬉しくて小躍りしていました。
完成したアパートを褒めてくれると『でしょ♪でしょ♪』と嬉しくなります。

ストッカーや物置は、確かに派手さはなく「四角い箱」と言ってしまえばそれまでです。
でも「この人はお客様に伝わる方法を考えて地道な努力を続けているんだな」と思うと、素晴らしいなと感動しました。

いつもは淡々と作業を進めるだけの時間が今日はとても楽しくて♪
そして、大事なことを教わったように思いました。

入居者様に快適に暮らしていただくサービスを考える

現在、シエスタデュオひばりヶ丘グレシアーレは満室です。
敷地内は定期清掃と管理巡回を行い、物件の環境維持に務めています。

入居者様に快適に暮らしていただくサービスを考えることがオーナー様に喜んでいただけることだと思います。

ゴミボックスの営業さんから学んだことを思い出し、工夫してもっと良く出来ることはないかとこれからもみんなで考えていきたいと思います。

この記事を書いた人
田口 きみこ
「思い立ったらすぐ行動」 賃貸の仲介会社で働いていた私はひとつの物件シエスタシリーズに一目惚れ その会社へ乗り込んで社長へ直談判!そして今勤めています! たくさんの物件や現場を見て、日々成長中!

関連記事