現場レポート

スカイツリーは見ていた。 パート2 ~ 職人さんの超絶技巧‼️ 跡形もなく消えた 「衝突事故のキズ」

2019.9.24 田口 きみこ

Contents

ただならぬ雰囲気の電話

「日生リビングシエスタでございます!」

会社にかかってきた電話に出ると弱々しい女性の声で
「実は…」
と話し始めたので、ただならぬ雰囲気を感じました。

どうやら車が駐車場からバックで出庫する時に、どこかにぶつかったらしいのです。
まだ現地にいるというので、詳しく状況を尋ねてみました。

すると、住所は墨田区でコインパーキングからバックしている途中で壁にぶつかり、スピードは出していなかったものの、アパートの壁にキズを付けてしまったというのです。

すみだく…
墨田区!?まさかっ!!

…そのアパートはスカイツリーのお膝元、墨田区にある「シエスタヴィラ鐘ヶ淵i」でした。

あわてて、運転者と入居者の安否、建物の状態を確認しました。
すると運転者は電話してきた本人で無事。
入居者はわからない、建物の状態は要領を得ず…。
「とにかく現地に行くしかない!」と思いました。

哀しみのキズ…オーナー様への報告と工事の手配

日が暮れていましたが、なんとか物件に到着しました。

心配していた入居者の方とは連絡が取れて、事故当時は留守だったとわかり、帰宅した際に異常はなかったようです。

建物については「衝撃映像!○○連発!!」みたいな被害ではなかったのでホッとしましたが、外壁のヒビと水切りの凹み、タイヤ痕が痛々しくて…
ガックシとうなだれてしまいました。

修繕費用はぶつけた車が加入していた保険会社から支払われると聞いたので、オーナー様に報告をして、工事の手配や保険会社とのやり取りを行うことになりました。

職人さんの超絶技巧でオーナー様も一安心

今回は手配する業者さんが一社ではなく、しかも建設の繁忙期で「職人さんの手配が難しい」と言われました。
ですが、シエスタシリーズで現場監督を務める福田さんの人脈のおかげで、最短の日程を組むことが出来ました。

工事が終わったあとの仕上がりは、どこを直したかわからないくらい綺麗でした!
職人さんの超絶技巧でオーナー様にも喜んでいただけて良かったです。

東久留米市にある会社から墨田区の「シエスタヴィラ鐘ヶ淵i」までは電車で1時間以上かかります。
遠方の物件でも月に1回以上は必ず定期巡回に行っているのですが、今回のような緊急時にすぐ現地に到着できないことにはもどかしさがあります。

職人さんのような超絶技巧は持っていませんが、だからこそオーナー様に喜んでいただくために自分にできることを見つけていきたいと思います。

この記事を書いた人
田口 きみこ
「思い立ったらすぐ行動」 賃貸の仲介会社で働いていた私はひとつの物件シエスタシリーズに一目惚れ その会社へ乗り込んで社長へ直談判!そして今勤めています! たくさんの物件や現場を見て、日々成長中!

関連記事