現場レポート

「セットバック」 で道幅を広げた シエスタヴィラ東府中、 道路整備完了しました!

2020.9.15 北田 かつゆき

こんにちは。
日生リビングシエスタの北田です。

今日は弊社の物件「シエスタヴィラ東府中グレシアーレ」のセットバックが無事完了したことをお伝えいたします。

Contents

今までの経緯

セットバックについては、以前も少しご紹介いたしました。

などについて書いております。

道路幅が狭いと物件建築できない? セットバックで道幅を広げた賃貸アパート

今回は引き続き、舗装完了の現在に至るまでの簡単な経緯をお話しいたします。

幅4メートル未満の道路によりセットバックを行いました

まずは、セットバックの手続きを行った流れを振り返ります。

「シエスタヴィラ東府中グレシアーレ」という物件は、セットバックが必要な建物です。

道路幅4m未満の「2項道路」に接している敷地は
「道路の中心線から2メートルの位置まで敷地を後退しなさい」
という決まりになっています。
これがセットバックです。

セットバックが行われた後は、道路部分を寄付する手続きです。
後退した部分の道路を、府中市に寄付しなければなりません。

府中市役所へ出向き、一定の諸手続きを行ってきました。
そして、セットバック部分が府中市の名義に変更されました。

セットバックの意味

セットバックにはメリット・デメリットがあります。
必ずしもすべてが良好というわけではありません。

一般的に見られるメリットとデメリットには

メリット

デメリット

などが挙げられます。 
       

何度も市役所へ通いました

シエスタヴィラ東府中グレシアーレは、弊社で土地を購入してアパートを建築。

その後道路がセットバックされ、土地の一部が府中市役所名義に変更されました。

「さあ、後はセットバック部分をきれいなアスファルト舗装にしてほしい」

と市役所担当部署にお願いします。
1月にはすでに建物は完成していましたが、セットバック部分は未舗装のままです。

当初は早めにやっていただけるとのことでした。
しかし、今期の予算がなく来期(2020年4月以降)に入ったらすぐにとりかかると言われてしまったのです。
舗装は4月まで待つことになりました。

しかし、5月になり7月になり。
何度尋ねても答えは同じでした。

もう、セットバックした道路は府中市名義に変更されています。
そしてシエスタヴィラ東府中グレシアーレは全室満室で、ご入居者様が既に生活されています。

「如何せん長すぎる」と思っていたところ、やっと近々やっていただけるという知らせが入りました。

やっと念願のきれいな舗装道路に変わりました

そしてあっという間に2020年8月下旬。
こちらの物件に携わって1年以上が経ちました。

セットバックした道路は、やっと念願のきれいな舗装道路に変わりました。

こちらが舗装前の道路です。
建ったばかりのアパートですが、よく見ると道路に未舗装の部分が見えます。

そしてこちらが舗装後の道路です。

長い年月を要しましたが、何とか無事完了いたしました。
シエスタヴィラ東府中にお住いの方々にも、ようやく工事が終わってご安心いただけたのではないかと思います。

この記事を書いた人
北田 かつゆき
『念ずれば花開く』 どんな些細なことでも努力すれば自から道は開ける。 その出会いの瞬間を心にとどめ、どなたでもお気軽に話していただける性格だと自負しております。 そうしているうちに、業界あっという間に30年が経ってしまいました。 特に売買については信託銀行系列の経験に基づく 見落としのないサービスを提供します!

関連記事