現場レポート

4時間に及ぶ苔(こけ)の大掃除! シエスタヴィラ橋本ヴェルデ 巡回清掃Part2

2020.1.10 二宮 裕之

Contents

シエスタヴィラ橋本ヴェルデ、共用階段の苔掃除

今日は、シエスタヴィラ橋本ヴェルデの巡回清掃に行って参りました。

シエスタヴィラ橋本ヴェルデ巡回清掃Part1でも少し触れましたが、実は共用階段にも苔(こけ)が広がっている状態です。

関連記事

スーツで2時間、苔(こけ)掃除!シエスタヴィラ橋本ヴェルデ巡回清掃part1

定期清掃を依頼している業者が毎月モップ掛けをしているのですが、汚れが落ちきっていないので何度か再清掃を依頼しています。
しかし現状では「汚れが蓄積しているので、高圧洗浄機じゃないと落ちない」とのこと…。
そこで実際に物件へ行って自分自身で検証しました。

実際に体験して経験に活かす…4時間に及ぶ大掃除

バケツに水を入れ、前回壁の掃除で活躍したタワシで擦ってみると、取れない汚れではないことが分かりました。

今回は実際に全て自分で体験して、これからの経験に活かせると考え、4時間ぐらい掛けて清掃しました。
一度決めたことは、やらないと気が済まない性格なもので。

因みに今回はスーツではなく、作業着です!

前回の壁掃除はスーツのままだったので、作業もしづらくスーツも汚れて大変でした…。
今回は作業着なので清掃中に膝を地面につけることができ、腰痛持ちには有難いです。

今回もBefore/After!

Before

After

頑張った甲斐あって、とても綺麗になりました。

物件の美観を維持して入居者様に喜んでいただきたい

今回のシエスタヴィラ橋本ヴェルデ巡回清掃Part1とPart2を体験して感じた事は

「大変な作業になる前に、何事も対処しなければならない」

ということです。
「塵も積もれば山となる」ということわざがありますが、山になる前に対処すれば大変な作業にならないはずです。

物件の美観を維持するためには、定期的な清掃は必須ですね。
それを継続することにより、入居者様にも喜んで頂けますし、ご案内のお客様にも、物件に対して好印象を与えることができると思います。

物件を管理している立場から細かな配慮をすることで、オーナー様にも安心して頂けると確信しています。

この記事を書いた人
二宮 裕之
『習慣は第二の天性なり』 繰り返しの行動は、自分の実となり「第二の天性」となり得るので、日頃から繰り返しの行動を持続できるように心がけています。 主にシエスタシリーズ全物件の定期巡回など、現場に関する業務を担当しています。

関連記事