現場レポート

入居者様からのご連絡に感謝! 物件の顔 「ゴミ置場」の 不法投棄ゴミ片付け

2020.12.21 田口 きみこ

こんにちは、現場の田口です。
今年の夏「シエスタデュオ上石神井アルボルハウス」不法投棄されたゴミを片付けた時のことをお話しします。

Contents

ゴミボックスから溢れたごちゃ混ぜのゴミ

敷地内のゴミ置場は分別したゴミを決められた曜日と時間に出す場所です。
しかし、ご入居者様からの通報で現場に到着するとゴミボックスからゴミが溢れていました。

燃えるゴミ、燃えないゴミ、粗大ゴミがごちゃ混ぜで詰め込まれています。

上からゴミを引きずり出すと毛布や布団があり、その下から生ゴミが出てきて、腐敗が進み悪臭を放っていました。

不法投棄ゴミの片付けは淡々と

ゴミボックスへの不法投棄。
こんなにひどい状態の現場は滅多にありませんが、たまにあります。

 
関連記事:入居者様からのSOSで出動!不法投棄されたマットレスを 粗大ごみにしない方法
 

そんな時「怒り・悲しみ・嫌悪感・服や靴が汚れる不安、虫が飛び出すかもしれないという恐怖・・・」

…なーんて、微塵も感じません(笑)
片付けを進めていくだけです。
コツは何も考えずに淡々と作業を進めること。

今回は粗大ゴミだけでなく生ゴミやその他、色んなものが混ざり、車に積んで処分する訳にはいきませんでした。
費用がかかるため社長にきくと即答でGO!が出たので、回収業者に来てもらい引き取ってもらいました。

声掛けとコミュニケーションを大切に

ゴミの不法投棄を無くすことはできないと思いますが、ご入居者様への声掛けとコミュニケーションを続けていくことで減らすことはできると思います。

実際に行っている対策
引越しが決まったお客様にゴミは出るかきく
粗大ゴミの料金を調べて伝える
お客様の代わりに手配や手続きを行う
お住まいの地域のゴミの出し方等についてご案内
外部からの不法投棄に対してはポスターで注意喚起
通報し易い環境(LINE等)を整えることで早めに対処
契約時と鍵渡しの際にゴミ出しについて分かり易く伝える
現地に行ったらゴミ置場を確認して画像を残す
etc…

細かいことを上げるとキリがないですが、地道に続けていくことで理解してもらえたらと思っています。

弊社は入居者様とのコミュニケーションを大切にしているので、こちらからの発信だけではなく困りごとも気軽に相談していただけるように気を配っています。

 
関連記事:公式LINEアカウントで顧客対応:入居者様の住みやすさを目指して
 

今回もご入居者様からの通報ですぐに対処できました。
ありがとうございます!

この記事を書いた人
田口 きみこ
「思い立ったらすぐ行動」 賃貸の仲介会社で働いていた私はひとつの物件シエスタシリーズに一目惚れ その会社へ乗り込んで社長へ直談判!そして今勤めています! たくさんの物件や現場を見て、日々成長中!

関連記事