現場レポート

見た目が9割!? 〜シエスタヴィラ 北千住 アルボルハウス 現場レポート「外構工事」編〜

2021.3.20 北川 まな

みなさま、一目惚れってした事ありますか?一目惚れまでいかなくても「とても好みの顔の芸能人がいる!」「街でふと見かけた方がとても好みの見た目だった!」なんていう経験はあるのではないでしょうか?
「人は見た目が9割」という本も発売されているくらい人間は外見の印象が大きな影響を与えます。

実際1971年にアメリカの心理学者が提唱した「メラビアンの法則」で視覚から入る情報が印象で一番大きな影響を与えることが実証されているんです。
という事は、可愛い洋服を着たいし、かっこいい車に乗りたいと思うのも普通の心ですよね。
アパートだってダサい建物よりも洗練されたデザインの建物に住む方が気分がいいものです。

先日、建設中の新築アパート「シエスタヴィラ北千住アルボルハウス」デザインのこだわりを写真付きでレポートしました。

 
関連記事:図面と色が違う?!シエスタヴィラ北千住現場レポート【階段】編
 

今回も引き続き、建設進行中の現場から工事中の様子をレポートします。

Contents

アパート建設の流れをご紹介

まず最初にアパート建設の大まかな流れをご紹介します。まず最初に建物を作り上げます。基礎となる鉄骨を組み立て、鉄筋でその周りを補強。

その後コンクリートを流し込み柱や壁、床などを作り、最後に外壁にタイルを貼ったりして建物を仕上げていきます。

次に生活に必要なライフラインを整えます。電気が使える様に配線を整えたり、飲み水やトイレの排水などを給水したり流す為の管を設置します。この管、どこに行き着くのかと思いきや、地下に埋設します。

 srcset=

この様に土の中に水道管を埋め込んでいくのです。

そして最後に建物本体以外の外周りの工事を行います。門扉、フェンス、植栽などを作っていくのです。

この時の建物以外の外回りの工事の事を「外構工事」と言います!建物が建った後に行われ、より快適に暮らせる様に空間を作っいくのです。

アパートの見た目は〇〇が大事!

ここでアパートデザインの裏話をお伝えしますと、外観を決める上で一番印象を左右するのがこの外構部分なんです!

外構部分の印象が建物の印象に直結します。

建物周りの門扉やフェンス、植栽、床タイルなどで、空間を演出する事が出来るという訳です。建物に一目惚れするならばこの部分という事ですね。
例えばアパート入り口部分、コンクリート剥き出しの場合を見てみましょう。

次に床タイルで塗装された場合です。

コンクリートだと寂しい印象を与えますが、床タイルを貼ることによってモダンな印象へと変わります。
またアパート周りが雑草で覆われている状態の写真です。

そして綺麗な植栽が植えられてしっかり手入れされている状態です。

一気に高級感が出ませんか?そして植栽を植えることで防火や防風、日差し調整にも役に立ちます。
また賃貸物件の場合、物件価値にも影響を与えます。
 
関連記事:景観配慮で入居率アップ! 建物の外観が大事である 2つの理由!
 

シエスタヴィラ北千住、外構工事がいよいよ始まります

現在のシエスタヴィラ北千住は水道管工事を終えて、これから外構工事に取り掛かるところです。

今はこの状態ですが近々完成予想図の綺麗な外構へと生まれ変わります!

そして一階に住まわれる方は窓を開けるとまず目に入るのが外構部分です。外からの見え方だけで無く、室内から眺める事が多いという事もしっかりと考慮して取り組んで参ります。

予算と美観を兼ねそろえた商品を

この様にとても重要な外構ですが、忙しいと考えるのを後回しにしてしまったり、素材やアイテムを一つ一つ選ぶのが煩雑だったり、建物に気を取られて外構工事の予算が抑えられなかったなんて事も良く起こります。
弊社の商品はパッケージ商品なのでその様なトラブルなく、コンセプトに合わせてスムーズに外構工事含めて行っております。

 
関連記事:シエスタヴィラ/シエスタデュオのコンセプト一挙ご紹介!(2020年版)
 

これからも一目惚れしてもらえる様なアパートの企画・建築を引き続き行ってまいります!

この記事を書いた人
北川 まな

関連記事