現場レポート

シエスタデュオ一橋学園コンテムセオ 現場レポート ー内装工事、Lofty編ー

2021.9.13 坂口 真理

こんにちは、プロモーション事業部の坂口です。

シエスタデュオ一橋学園コンテムセオは、内装工事が進んできました。

やっと使う機会がきた収納付きのロフト階段”Lofty”(ロフティ)の取り付け工事をレポートします。

Contents

Loftyとは?

Lofty(ロフティ)とはSmartplusさんのロフト階段で、階段の側面に収納設備をがあることで空間利用の幅が広がる製品です。

階段の幅を活かして小さな小物や単行本から、長めの収納棚ではコートなどハンガーを使う洋服まで収納ができます。

設置した姿

設置する前の姿がこちらです。

この、三脚の置いてある場所にLofty(ロフティ)を設置します。

この幅に階段が入るのか?と思いますよね、

入ります!

収納内部はこのような感じです。思ったより奥が深く容量があります。

取り付けられた実物を見て驚いたのがこのハンガーラックです。ちょうど玄関にあるのでこれからの季節、廊下でコートを脱いで上に置いたリセッシュをかけたりしてそのまま収納。

外出時はココに持ち物をまとめて出発ができます。生活したイメージができる部屋は客付けが簡単だと言われているのでこの設備があることでこの物件はより期待ができます。

ロフティ側の壁には、スポットライトをつけています。ここのロフトは高さ制限最大の1.4mで作っているのでなかなかの高さがあります。

光が届かず暗いと住みにくく、入居付けもしにくくなります。

十分な明るさを保たせるために横には廊下を照らすスポットライト、天井にはダウンライトを配置しています。

ロフト階段が付いたことでこのようにお部屋の完成形がさらに見えてきました。

玄関から見たらこのような見た目です。

シエスタデュオ一橋学園コンテムセオは引き続き内装工事が進みます。

内装工事もレポートしていきます!

▼外観が気になるかたはこちらへ

これまでの現場レポートはこちら

この記事を書いた人
坂口 真理
プロモーション事業部に所属しています。 “You Only Live Once;YOLO”;人生は一度きりだから  なにが楽しいかを考え最善な道を進みます 常に受け手目線で、情報発信をします!

関連記事