現場レポート

シエスタデュオ一橋学園コンテムセオ 現場レポート ー植栽造成ー

2021.11.26 坂口 真理

こんにちは、プロモーション事業部の坂口です。

シエスタデュオ一橋学園コンテムセオは、植栽造成が終わったところです。

今回は、植木造成をレポートします。

Contents

外構計画

シエスタデュオ一橋学園コンテムセオは2棟計画です。

East棟が猫可、West棟は犬可というペット共生型賃貸住宅でもあります。

East棟とそれに連結する中庭は植栽もりもりにしております。

West棟は犬可ということで、植栽がマーキングとおトイレになってしまうことを懸念しWest棟の植栽は控えめに、エントランスはコンクリート敷きにしています。
▼外構計画、詳しくはこちら

植栽造成の途中経過

では、早速植栽の進化をお見せしていきます。ぜひビフォーアフターで見比べてみてください!

過去の外構記事と見比べても変化が分かりやすいです。

植物が運び込まれ、植えられていきます。

この植木たちは、建物の雰囲気に合わせてストーリー立ててどの木を植えるか植木職人さんが考えて作っているそうです!

植木x建物ストーリーも取材して記事にします!ご期待ください

配置された段階の中庭の様子がこちら。

完成!

2021年11月25日、全て植え終わった様子がこちら

East棟のエントランスです。

オートロックや宅配ボックスがついており、今回宅配ボックスフロリアの紺色と外壁の色が同じ会社が作ったかのようにマッチしました。

近くで見てみます。

この植物を見ると、こどもの頃におばあちゃんちの庭で”竜のひげ”を探したことを思い出します。

夜になると、ガラッと印象が変わります。

次は、East棟のエントランスです。

ウッドチップが敷かれています。シックな外壁にピンクの花が映えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に中庭です。

シンボルツリーは手前の一番大きな木、植木職人さんのこだわりです。

動画で撮影してみたのですが、酔ってしまうかもしれません…

雰囲気、伝わりますでしょうか…?

夜はこのような見た目です。

運用稼働へ

シエスタデュオ一橋学園コンテムセオWest棟/East棟は植栽の完成をもってすべての建築工事が完了し、家賃収入、定期巡回のメンテナンスの段階に入ります。

引き続き、仲介、管理業務を通してオーナー様の賃貸経営を支えていきます。

▶これまでの建築の様子はこちら

この記事を書いた人
坂口 真理
プロモーション事業部に所属しています。 “You Only Live Once;YOLO”;人生は一度きりだから  なにが楽しいかを考え最善な道を進みます 常に受け手目線で、情報発信をします!

関連記事