現場レポート

シエスタシエロ久米川 現場レポート ー解体ー

2021.11.26 坂口 真理

こんにちは、プロモーション事業部の坂口です。

今年、最後の解体現場はこのシエスタシエロ久米川、まだデザイン名はついていません。

さらに新規で誕生したコンセプト、シエスタシエロ(Siesta Cielo)の名前を冠した初めての建物です。

「シエスタシエロ」とは、Siesta(くつろぎ)+Cielo(空メゾネットタイプの1LDKアパートです。

間取りなど詳しいところは、姉妹サイトの賃貸知識BANKにて追って詳しくご説明しますね。

Contents

解体前の様子

解体前はこのように木造の集合住宅が立っていました。

外に洗濯機を置くタイプの古めのアパートです。左に見えるゴミ捨てボックスの劣化状態を見る限り、人が住んでいなさそうな雰囲気があります。隣の建物と比較すると一段奥まって建っているので土地は奥に広そうですね。

今回のプロジェクトでは、このアパートを壊して、木造スレート葺き2階建てのアパートを建設します。

解体の様子

解体は専門の解体屋さんにお願いします。

その様子がこちら。

ちょうど手前に見える畳と、奥の解体中の部屋の中を見ると和風の部屋だったことが分かります。

建物を輪切りに見ることができるのは、ヴァーチャルの世界か、このように解体工事で物理的に輪切りにしている時くらいです。

迫力があります!

 

さて、この写真の作業員さんが水を撒いているいるのですがどうしてでしょうか?

虹を作っているわけではなさそうだし…不思議ですよね

 

答えは、、「解体の時に舞う粉塵を近隣にできるだけまき散らさないように落とすため」です

建築工事では、大きな音を発しながら作業が進みます。近隣へのご挨拶や作業場の気遣いを通してできるだけ周りの方たちに嫌な思いをさせないように心がけることが大事です。

解体後の姿がこちら

 

次は、地盤調査

次は地盤調査が入ります。2021年内に工事があるかどうか…!

お楽しみに!

▼地盤調査を振り返るにはこちらの記事がおすすめです

この記事を書いた人
坂口 真理
プロモーション事業部に所属しています。 “You Only Live Once;YOLO”;人生は一度きりだから  なにが楽しいかを考え最善な道を進みます 常に受け手目線で、情報発信をします!

関連記事