現場レポート

シエスタデュオ西武柳沢エルプエブロ 現場レポート ー基礎工事・アンカーボルト設置ー

2021.11.26 田口 きみこ

こんにちは、鉄が好きな田口です。

アンカーボルト設置工事の現場です。

配筋検査の後は、基礎の床部分にコンクリートを打ちます。

その時にコンクリートが流れていかないように型枠を設置します。

上の写真の右下に型枠を外した痕跡が見えます。

 

アンカーボルトは基礎とその上に乗る土台を繋ぎ止める役割を担っています。

アンカーボルトを設置した後は基礎の立ち上がり部分にコンクリートを流し込みます。

 

アンカーボルトの偏りを防ぐためにこの黒いパテが必要なんですね。

コンクリートを流した後は基礎を長持ちさせるために一旦お休みさせます。

次回は、コンクリートの仕上がりと配管工事の様子をお伝えします。

 

◎オマケ:帰り際に見つけた、ちょっと、ほほえましい光景です(笑)。

 

▼次回はこちら

 

 

 

この記事を書いた人
田口 きみこ
「思い立ったらすぐ行動」 賃貸の仲介会社で働いていた私はひとつの物件シエスタシリーズに一目惚れ その会社へ乗り込んで社長へ直談判!そして今勤めています! たくさんの物件や現場を見て、日々成長中!

関連記事