現場レポート

シエスタシエロ久米川 現場レポート ー屋根工事ー

2022.3.28 田口 きみこ

こんにちは、高い所が苦手な田口です。

現場監督の福田さんが、屋根工事の様子を撮影してくれました。

棟木(むねぎ)は屋根を造るために屋根の一番高い位置に取り付けられる部材で、棟木から垂らすように斜めに取り付けられているのが垂木(たるき)、垂木を支えている部材が母屋(もや)と言います。

屋根下地、野地板(のじいた)です。
野地板は屋根の土台となる重要な部分です。

劣化対策等級「等級3」の構造用合板を使っています。

下から見上げると縦の部材が垂木、横の部材が母屋です。

母屋と垂木を井形に組んでいくことによって屋根だけでなく
建物の強度も上がります。

建物が完成したら見ることができない、屋根工事の様子をご紹介しました。

この記事を書いた人
田口 きみこ
「思い立ったらすぐ行動」 賃貸の仲介会社で働いていた私はひとつの物件シエスタシリーズに一目惚れ その会社へ乗り込んで社長へ直談判!そして今勤めています! たくさんの物件や現場を見て、日々成長中!

関連記事