現場レポート

管理物件巡回事件簿の巻 パート1 〜悩みの種はペットボトル〜

2019.7.16 田口 きみこ

今日は管理では切っても切り離せないゴミ問題

そのペットボトルについてです。

Contents

外観やデザインを考えて設置したゴミボックス

今回は東京都小金井市に位置する
「シエスタヴィラ武蔵小金井ブリックハウス」の管理巡回時の話です。

ゴミ置場にはペットボトル用のボックスが置いてあります。
外観やデザインを損なわないように選んだツールボックスです!

管理巡回で発見!ボックスから溢れるペットボトル…

いつもは全く問題ない量が入るボックス
なぜかなぜか溢れている。

ペットボトル回収頻度とペットボトル需要

問題はすぐにわかりました。
小金井市はペットボトル回収2週間に1回でした。

軽いし、かさばるし、単身者の人たちは特にペットボトル需要が高いことに気付かされます。

ペットボトルと空き缶を仕分け!

仕分け結果。。。
45リットルのゴミ袋に入れ直したらペットボトルはゴミ袋4個、缶は1個になりました。

たかが、空のペットボトルと空き缶
かさばるけど大丈夫だろうと思い、歩き出してすぐに後悔しました。

予想外に重いゴミ袋…

「重いっ!」

両手にパンパンのゴミ袋を5個持って

「うぅ〜」とか「あぁ〜」とか散々声を出しながら

塵も積もれば山となるとはまさにこの事ですね。

管理巡回でこまめにゴミ対策

ゴミについてはどこでも頭を悩ませる問題
今回はペットボトルについてですが、弊社は管理巡回時はかならずこのようなことを行っています。

目に見えるようになってからでは、何事も遅いのです。

オーナー様の安心とご入居者様の快適さ

“オーナー様にとっては安心して任せられるように”
“ご入居者様にとっては気持ちよく住んでいただけるように”

細かい事ですがこれがあとあとの
入居者回転率や、入居稼働率、家賃の下落などにコツコツ効いてきます。

お引渡し後も、物件をしっかり大切にしてお預かりしていきます!

この記事を書いた人
田口 きみこ
「思い立ったらすぐ行動」 賃貸の仲介会社で働いていた私はひとつの物件シエスタシリーズに一目惚れ その会社へ乗り込んで社長へ直談判!そして今勤めています! たくさんの物件や現場を見て、日々成長中!

関連記事